投資の売却益と紀陽銀行投資信託について

売却益とは、資産を売却するときに、帳簿価格よりも売却価格が高い場合に利益が生じたことをいいます。
株式投資で、株を売却して売却益が出たときには、税金を支払う必要があります。
利益に対しての税金の区分は、申告分離課税となり、平成25年末までは、上場株式等の売却益にかかる税率は軽減税率が適用され所得税と住民税を合わせて10%でした。
しかし、平成26年1月1日からは、所得税と住民税を合わせて20%と上がっています。
国内上場株式などの税金は、東日本大震災からの復興財源の確保のために、金融商品から生じる利子や配当、売買益が復興特別所得税の対象となります。
また、売買で損失がでたときには、確定申告を行うことで、損失の繰り越しをすることも出来ます。
紀陽銀行投資信託は、インターネットや店舗で購入することが出来ます。
投資信託は、顧客から集めた資金をまとめて、運用の専門家である投信会社が株式や債券に投資して、その結果を顧客に分配するものです。
紀陽銀行投資信託は、顧客と投信会社をつなぐ窓口として、顧客への商品の説明や市場情報の提供、資金の受け渡しなどを行っています。
紀陽銀行投資信託では、少額の資金から様々な投資が可能です。
多くの顧客から集めた資金を纏めて運用するので、少額からでも、まとまった資金が必要な有価証券などにも出来ます
一般的に、投資信託は1万円から購入可能で、分散投資をするのでリスクが軽減されます。
集めた資金は、運用の専門家である投信会社のファンドマネジャーが運用します。
情報収集力や調査、分析力、ノウハウや経験などが豊富なので安心して任せられます。
ただ、投資信託は、元本は保証されてなく、運用状況によって受け取る金(収益分配金)は変化します。
また、預金保険制度の対象外となっています。